ガラス製造技術とワイドギャップ半導体のセラミックフォーラム

03-5577-2947
平日: 9:30~18:00

ガラス溶解炉シュミレーションサービス

シュミレーションサービスの概要

Glass Service社はガラス溶解炉用コンピューターシミュレーションでは世界No.1の実力を有し、そのソフトウェアであるGFMは世界で40社にライセンスしております。 また、毎年50件以上の受託計算を実施しており、創業以来500件以上の計算実績があり、あらゆるタイプの炉に熟知しております。彼らは計算だけで済ますことなく、欧州各社の実炉技術者の報告を採用し、計算結果と実炉操業との整合性を検討します。このシミュレーション技術をさらに実炉操業の制御に応用したアドバンスド制御システムESIIIも開発しております。

自社でシュミレーションを行いたい場合、シュミレーションソフトGFMのライセンスも供給しております。ご興味のある方はそちらもご確認くださいませ。

ご興味のある方は是非お問い合わせくださいませ。




その他受託可能なサービス

シュミレーションによる解決案の提案

今までに、500件以上ものシュミレーションにより、以下のサポートを行ってきました。
  ・新しい炉のデザイン
  ・燃焼システムの設計
  ・プルの増量
  ・炉の修理の計画

そしてさらに、以下の様な問題を解決しました。
  ・欠陥発生位置の発見
  ・炉の最適化
  ・前炉の最適化

ガラス溶解炉のシュミレーション例

シミュレーションによる最適炉の設計手順は、先ず基本ケースとして、操業している炉の図面、操業条件をGFMにinputし、その計算結果をもとに、炉のoutput(ガラス温度、ガラス流れ、品位)との整合性を判断します。合わない時は合うように計算諸条件の調製(tuning)をおこないます。 こうしてパソコン内にバーチャルな炉を実現し ます。ついで、ケースstudyとして、例えば、ボトムに電極を入れてブースティングをすることにより、「引上げ量をどの程度あげるか?」、「どの電極配 置がより効果的か?」などを計算し、机上で最適解を求めます。現在、多くのガラス製造メーカーにおいて、このアプローチの妥当性が認められております。


 

製品メーカー案内

Glass Service社(チェコ)

Glass Service社はガラスの受託分析や、様々なガラス溶解技術機器を製造を製造するチェコの会社です。

Glass Service社はガラス溶解の基礎技術と製造技術を組み合わせイノベーティブな製品やサービスを提供することにまい進しております。代表的な製品としては、ガラス製造技術とIoTを組み合わせたアドバンスド制御システム(ESⅢ)が注目されております。



当社サービスに関するこんなお悩み・ご相談お待ちしております!
  • SiCやGaN などのワイドギャップ半導体に関して質問がある
  • SiCやGaN ウエハに成膜するエピの仕様を決めたい
  • DLTSの測定に関して詳細を知りたい
  • 結晶評価を行いたい
  • ガラスの分析に関して知りたいことがある
  • ガラス溶解炉の生産性向上のための施策を知りたい
お電話でのお問い合わせはこちら
03-5577-2947
平日: 9:30~18:00
WEBからのお問い合わせはこちら