ガラス製造技術とワイドギャップ半導体のセラミックフォーラム

03-5577-2947
平日: 9:30~18:00

レドックス測定

レドックス測定サービスの概要

電気化学的手法によるガラス溶融物のレドックスの標準測定

・測定にはGlassService社製内に「Rapidox II」が使用されます。
・測定された溶融物をできる限り早く加熱し、溶融し、安定化させることからなる測定の単純な温度レジームに従い、いくつかの試料を容易に比較するために1300℃の温度で適切な酸化還元値を得る。
・再現性を示すために、測定ごとに2つのセンサーが使用されます。
・酸化還元状態は酸素分圧の対数として評価されます。 溶融物中に存在する酸素含有量は、酸素溶解度データを用いて酸化還元計算で使用される質量関連単位に再計算することができます。
・1回の酸化還元測定には、約1 kgのクリーン生産用カレットまたはガラス製品が必要です。
・テクニカルレポート




その他受託可能なサービス

製品メーカー案内

Glass Service社(チェコ)

Glass Service社はガラスの受託分析や、様々なガラス溶解技術機器を製造を製造するチェコの会社です。

Glass Service社はガラス溶解の基礎技術と製造技術を組み合わせイノベーティブな製品やサービスを提供することにまい進しております。代表的な製品としては、ガラス製造技術とIoTを組み合わせたアドバンスド制御システム(ESⅢ)が注目されております。



当社サービスに関するこんなお悩み・ご相談お待ちしております!
  • SiCやGaN などのワイドギャップ半導体に関して質問がある
  • SiCやGaN ウエハに成膜するエピの仕様を決めたい
  • DLTSの測定に関して詳細を知りたい
  • 結晶評価を行いたい
  • ガラスの分析に関して知りたいことがある
  • ガラス溶解炉の生産性向上のための施策を知りたい
お電話でのお問い合わせはこちら
03-5577-2947
平日: 9:30~18:00
WEBからのお問い合わせはこちら