ガラス製造技術とワイドギャップ半導体のセラミックフォーラム

03-5577-2947
平日: 9:30~18:00

宝石用 SiC 「モアッサナイト」

Norstel社製モアッサナイトの特長

Norstel社は宝石用SiCにおける世界のリーディングカンパニーです。Norstel社の特許である高純度成長プロセス、及び炭化ケイ素の高い透明特性によりユニークな宝石の材料であるプレミアム・ホワイトSiCを生成する事が出来ます。1893年にアリゾナ州の隕石クレーターのまわりに天然SiCを発見したフランス人のアンリ・モアッサン(Dr. Ferdinand Henri Moissan)にちなみ、1904年に宝石用 SiCが、「モアッサナイト」と名づけられました。現在では、宝石用SiCは、標準品も特別な方法で着色したSiCも「モアッサナイト」と呼ばれております。いくつかの純度及び結晶方位でSiCは無色であり、切断と研磨することによって宝石に加工する事が可能です。Norstel社では、最高の天然ダイヤモンドに匹敵する品質にすべく、非常に高白色かつ、大量生産に適した独自のSiC成長プロセスを開発しました。屈折率の高いSiCはダイアモンドより良い輝きを発揮します。光の分散もダイアモンドに比較しても非常に良いです。さらに、ダイアモンドに近い硬度があるうえに、SiCの方が高い耐久性を誇ります。特別な美しさと優れた白色であるNorstel社製宝石用 SiCは永遠に輝き続けます。

製品メーカー案内

スウェーデン Norstel社

Norstel社(スウェーデン)

SiC 研究において高い実績と歴史を誇るスウェーデンのリンチョピン大学からのスピンアウトベンチャー。現状、欧州最大のエピサービス供給会社。1993年より開始された、スウェーデンLinkoping大学とABB社のSiC共同研究を礎として、フィンランドのSiウエハメーカー、Okmetic社傘下を経て、2005年に独立。量産用SiCエピ炉と研究開発用枚葉式エピ炉の他、数多くの評価装置を有し、大量生産に対応した体制を築き上げております。

 
 
当社サービスに関するこんなお悩み・ご相談お待ちしております!
  • SiCやGaN などのワイドギャップ半導体に関して質問がある
  • SiCやGaN ウエハに成膜するエピの仕様を決めたい
  • DLTSの測定に関して詳細を知りたい
  • 結晶評価を行いたい
  • ガラスの分析に関して知りたいことがある
  • ガラス溶解炉の生産性向上のための施策を知りたい
お電話でのお問い合わせはこちら
03-5577-2947
平日: 9:30~18:00
WEBからのお問い合わせはこちら