ガラス製造技術とワイドギャップ半導体のセラミックフォーラム

03-5577-2947
平日: 9:30~18:00

Unipress製GaN基板(元Ammono社)

GaN 単結晶基板

Ammono社製GaN単結晶基板(アモノサーマル法)

セラミックフォーラムは、2011年よりAmmono GaN単結晶基板の取り扱いを開始しました。

高いキャリア濃度を持つGaNは、当初のレーザーダイオードとしての利用から、高効率のパワーデバイス(HEMTトランジスタ・ダイオードなど)の開発へと移行しており、需要も増加しています。
Ammono GaN単結晶基板はアモノサーマル法によって製造され、転位密度(〜x10e4台)と、他の製品と比べ二桁ほど低いという特長を持ちます。

取り扱いサイズ:10mm角・1インチ・2インチ
面方位 :C面
導電型 :n型
※半絶縁・p型にも相談に応じます
 Ammono GaN

使用例

  • ディスプレイ(Laser テレビ、プロジェクター)
  • 照明(白色LED、UV LED)
  • 省エネデバイス(高効率、高耐圧、高温動作デバイス)
  • 記憶装置(青色レーザーダイオード)
  • 無線システム(高周波デバイス)

仕様

Ammono社製(アモノサーマル法)の詳細に関しては気軽にお問い合わせください。

関連製品/サービス

製品メーカー案内

Ammono社(ポーランド)

Ammono社(ポーランド)

1992年にワルシャワ大学にてスタートしたGaN単結晶研究開発プロジェクトを基にして、1999年にGaN単結晶基板専門メーカーとして設立された。アモノサーマル法で高品質の単結晶基板を製造する、優れた技術を持っている。現在はポーランド高圧物理学研究所の一部となり、研究開発に力を注いでいる。

当社サービスに関するこんなお悩み・ご相談お待ちしております!
  • SiCやGaN などのワイドギャップ半導体に関して質問がある
  • SiCやGaN ウエハに成膜するエピの仕様を決めたい
  • DLTSの測定に関して詳細を知りたい
  • 結晶評価を行いたい
  • ガラスの分析に関して知りたいことがある
  • ガラス溶解炉の生産性向上のための施策を知りたい
お電話でのお問い合わせはこちら
03-5577-2947
平日: 9:30~18:00
WEBからのお問い合わせはこちら